2000年頃から「地球に優しい」を合い言葉にエコロジー(ECO)と言う言葉が注目されるようになってきました。そして、地球温暖化問題や二酸化炭素排出問題などとともに、その重要性が益々増大しています。
「リサイクル」「省エネ」など、そして「後世の人に素晴らしい地球をそのまま残す。」為にも私たちが建てる家もECOを避けて通れない問題になっています。「ナガノECOホーム」は会社名にECOの文字を入れ総力を挙げ全面的に取り組んでまいります。

昔の日本の家は究極のECO住宅でした。
昔の日本の家は、自然と調和し自然を上手に取り入れた。究極のECO住宅でした。夏は、自然の風が通り抜けることで涼しくなるような工夫がありました。また、茅葺き屋根は夏は暑さを防ぎ、冬は断熱効果がありました。しかし、「我慢」という言葉がついてまわる住宅でした。夏いつも適度の風が吹いていたわけではありませんし、照明の問題など解決できない問題も多く抱えていました。冬は特に、囲炉裏や火鉢、コタツでしのいでいました。まさに「我慢」と言う言葉がつきまとうECO住宅でした。

目指すのは快適さと省エネを両立したECO住宅です。
実は、一般住宅は少しずつ進んでいます。まだ高気密高断熱という考え方がなかった20年前の家と、今の高気密高断熱の家では見た目は似ていても快適さ、省エネに関して雲泥の差があります。高気密高断熱の家では結露が起きません。同じ6畳間で比較すると以前の家で石油ストーブが必要だったのが1000W程度の電気ストーブで十分暖かい、その位差があります。
日本の住宅に関係する製造メーカーもECOをテーマに商品開発を進めています。そして、次々に新しいECOに関する製品が生まれてきています。
私たち、「ナガノECOホーム」では、いち早くそういった情報を取り入れ、今できる最新のECO住宅を提供してまいります。

在来工法木造住宅だからできるECO住宅です。
自由に設計できる在来工法木造住宅だからお客様のコンセプト、ご予算、立地場所に合わせて最新のECO技術を取り入れた住宅が建てられます。最新のECO技術、ECO製品の情報を提供しながら一軒一軒お客様と打ち合わせを重ね、建築してまいります。だから安心、満足いく住宅がご提供できると確信いたしております。お見積もりいたします。こちらから気楽にお申し込みください。

リフォームで、お住まいの住宅もECO住宅へ変身。
今お住まいのご自宅も、最新のECO住宅技術でECO住宅に変身します。冷暖房費が驚くほど軽減します。それでいてより快適なお住まいに変身します。是非一度、「ナガノエコホーム」へご相談ください。(TEL.0248-28-3939)